FC2ブログ
トンでも美容師と歯科コンサルタントの奮闘記
その業界素人のコンサルタントと、トンでもない経営者の奮闘記。 歯医者業界ではプロでも、業界を外れれば素人。 とある「会」で知り合い、ノリで引き受けたはいいが・・・ 果たして、どうなるのか??

ブログ引っ越しします!!

スミマセン(^_^;)


少し事情がありブログを引っ越します。

ブックマークやお気に入りの入れ替えお願いいたしますm(_ _)m

新しいブログはコチラ→
スポンサーサイト




お客が入る謎・・・

なぜ、何もしていないのにお客が入るのか?

その前にどれくらい何もしていなかったか・・・







ここに書く事が無いくらい、何もしていなかった。
かろうじて店の前にカッティングシートで書いてある程度(・o・)


後は、ゲーム三昧(*^^)vワーイ



信じられません。


しかも、材料を仕入れる所には「別に何もないから月一回来てくれる程度でいいよ」
(ゲームの邪魔だから←心の声)


あなた。。。何のために店を開いたんですか!!
と問いかけると・・・


「ノリで( ^-^)_旦~」




この時、私の思考が初めて停止した事は今でも忘れません(笑)
しかし!


この発言の裏には様々なヒントが隠されているとは
その時の私には分かりませんでした。



お客が入る謎・・・

なぜ??


前回のブログを読んだ方はそう思われるかも知れない。

そう!やる気が無いのに「な・ぜ・か!お客だけは入る」


普通はお客さんが入らなくて困るもの。

「あ〜やだやだ、直感経営は」
だって、何もしなくてもお客さんが来る事を分析しなくちゃいけないもん。


何か、難しい論理や変にアドバイスすることによって
そのなぜだか分からない部分を「潰しちゃう」ことだってある。

もしそれが誰がやってもある程度「再現可能」なら
そういう人を発掘すればいい。


でも、実は「最初みんな直感でやって成功するんだよね」
「で、直感で失敗する」


みんな直感って磨いている?


あ!!
こんな話をしていたら・・・
「何もしないのにお客が来る謎」を書いてなかった(..;)

次回は必ずかきますね。



あのー(・o・)

前回、やる気を出し始めた美容師さん。
イエ・・・美容師のオーナー。
(そもそもオーナーである社長にやる気が無い事が一番の問題である)


その怒濤の質問攻撃!!








・・・
なぜ、経営の質問では無く、ゲームで貯めた武器をどうしよう?と言う質問があるのだ\(◎o◎)/!

それに、マジメに答えてしまった私もどうかしているかもしれないが(__;)


少し小難しい事を書くとすれば
経営者の頭の中は、結構な割合で仕事の事でいっぱいだと思う。

そのエネルギーのかけ方にも割合がある。


これはランチェスター経営で有名な「竹田先生」が仰っていたのだが


お客さんに(地域や、年齢層、男女、その他諸々)何を売るか?を考える=53%

そして商品をどの様に売るのか?=27%

会社組織の改善(スタッフ対策)=13%

資金対策(賃金やキャッシュフロー)=7%


の割合で考えるのが理想なのです。


でもこの美容師さんの頭の中は・・・


ゲーム=53%
家の事=27%
資金=13%
仕事=7%


ん?



でも何故、お客が来ている(;゜)ウッ!
もしかして、この人本気で仕事したらエライ事になるかも。


次回は、なぜ何もしないのにお客が来ているのか?
その七不思議とも言うべきミステリーに挑もう。

そう心に誓う私であった。

チョットしたきっかけ(@_@;)

普段の何気ない会話から

その人がどうなりたいのか?聞き出す。

直球勝負で「あなたの願望はなんですか!?」
なんて聞いても、上っ面の答えしか出てこない。

でもこの人は・・・
「いーっぱいありすぎw」・・・


これに怯んではいけない。
「へー」「じゃあ具体的には?」

と更に聞く。


「BMWに乗りたい」やら「次の店を出したい」「貧乏はイヤだ!」
(イヤイヤ・・・それが出来ないのはあなたの日頃の行いでしょ!
何か言ったら面倒(-.-#))
(何か言ったら、毅然とやりたくない(`ヘ´))


と言う心の声は別にして・・・

でも、それってこうすれば「簡単にできるんじゃ無い?」


「ホントだ!」

(?_?)エ?
「簡単にできるんじゃない?」がヒットするとは思わなかった。

それから「どうするの攻撃が始まったのは・・・言うまでもない(゜ロ)ギョェ)


でも、この瞬間を待っていた。

人ってヤッパ「興味」を持たないと行動しない。
逆に言えば「出来ない事を考える天才」だから。


さて!変わり始めた美容師さん!


・・・ゴミ箱と間違えて「洗濯機」に髪のくずを入れている場合じゃ無いですよ(^^)
           ↑
        本当の話です








FC2 Blog Ranking